Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
胸がすっとする言葉・・・をメモ。
子どもが育つ魔法の言葉

こどもはみんな違うんだ

覚えておこう。



子どもは、成長の設計図をもっている
子どもは、その子の速さで伸びる
子どもは、その子の時間で育つ
子どもは、その子の図案で実る
子どもは、その子の歩幅で学ぶ
子どもは、その子の資質で生きる
子どもは、その子の頭で考える
子どもは、その子自身の人生の約束を果たす
子どもは、みんな違うんだ

子どもを励まそう
自分を大事にするように
人との違いを生かすように
全力でぶつかるように
よい実を結ぶように
愛の心を感じるように
この世の違いを認められるように
命を救うように
確かな未来をつかむように

忘れないでほしい
その子は、この世にたった一人しかいないのだ
子どもは違う
一人ひとりみんな違う
そんな子どもがいるから
この世に素晴らしい違いがうまれる
(本文より抜粋)



こどもを親の思うとおりに動かそうたって無理なんだよね。
怒ってもおどしてもほめても何しても。
小さくても自分というものを持とうとしている子どもに
一番大切なのは真剣に向き合うことなんだろうな。
解決するのは方法じゃなくて、見えない何か。
見えないからこそ親は大変なんだけど
大変というのをこえへんといつまでも解決しない。

赤ちゃん時代に「今が一番いいねんでー」とよく言われて
世話に必死だった頃、「一緒に話出来る方が楽しいやろうに
なにいってはんねんろ〜」と思っていたけれど
今思うと(たかが4年弱なんだけど)
やっぱり赤ちゃん時代がいちばんかわいかったな。
今や毎日葛藤の連続・・・
赤ちゃん時代のかわいい記憶がないとやってられん、と思う最近。
| Rie | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
かっすてらづっくりーのぐりとぐら〜♪
ぐりとぐら

娘とこの本を読んでいたら
「カステラがつくりたい」と言い出した。
カステラーっ???
早速検索してみたら
あった! 
レシピ
* - ぐりとぐら -の フライパンカステラ * by *あ〜やん*"
材料も本当に家にあるものですぐ出来そうだったので
早速やってみた。
本当に絵本みたいなものができてびっくり。
途中で「ホットケーキみたいなのができたらどう言い訳しようー」と
どきどきしていたのだけれど
しっかりカステラ味で、またびっくり。

こげたらこわいのでホットプレートでやったのだけれど
これが「おおきいふらいぱん」のイメージにぴったりだったようでよかった!
途中で絵本もってきて材料や用具の確認にいそしんではりました。
(牛乳いれへんかったけど気が付かなかった。ほっ)

今度はしっかりしたカステラつくろうかなーと
しっかりカステラにはまりそうな母です。
(ともさーん またおしえてね♪)


コメントありがとうございます。
すみません、今から寝ます〜・・・
| Rie | 20:26 | comments(0) | - |
脂肪燃焼プログラム7日間。
DVD版1分間リンパマッサージダイエット  AC MOOK

昨年は”停滞”という感じで
体調いまいちを繰り返したので
今年は一念発起。
排出をテーマにがんばろうと思います。

手始めにリンパマッサージ。
DVDあるとやっぱり便利です。

本当はピラティスとかしっかりやりたいけれど
おチビの体調とか機嫌とか(年末から咳がひどくてかかりっきりでした。
しかも反抗期?なのか、いやあぁぁぁーママぁぁぁーとすぐ泣く・・・。
ほんとにやりにくい)
に左右される、いや支配される毎日なので
集中系はあきらめました。
話しながらでもしっかりできるリンパマッサージ、
しかも一応10分でできる!

、な訳で
今日から7日間プログラムスタートです。
| Rie | 07:03 | comments(0) | - |
ハーブティー。
ハーブティーバイブル

ハーブティーってあんまり好きじゃなくて
日本のお茶でええんちゃうん、と思っていた。

昨年、USJの近くの日航大阪に宿泊した際
朝食ブッフェにおいてあったハーブティーがすんごいいい香りでおいしくて、
一気にハーブティーに目覚める。
体調がなんとなく悪いこともあって
効能を知りたいなと思っていた時にであったのがこの本。
わかりやすいし種類も豊富でなんといっても効能が調べやすい。

先週はネトルをのんでましたが
今週からエキナセア1ヶ月に挑戦してます。
(1ヶ月のんで1ヶ月休むといいらしい。)

| Rie | 10:59 | comments(4) | - |
今年こそ。  ー私のスタイルを探して
私のスタイルを探して
インテリアのことはよく考えるけれど
服とかファッションのことは、全然だめだ。
体型を含め、ため息ばかり。

でもマイナスばかり見ていたらだめなんだよね、とこの本で痛感。
短所ばかり見ていたら、ずっと前には進めないんだよ、と。

顔も体もごく平凡なのだから、と私は自分に話しかける。
シンプルなんていう不遜な考えはまだ早い。
その人たちの格好だけ真似したって、ただの地味なおばさんだ。
まず裸で鏡の前に立って自分に何をプラスしていったら
きれいにみえるかを考えよう。

自分の顔や体が生き生きと動き出すデザインは何か、
艶やかに映える色はどれか。
自分のたりないものは何で、最も生かしたいところはどこか、
そのために何を加えてやらばいいのか。
それが上手にできるようになるまで、私は加えるおしゃれをし続けるだろう。
加えることの効果を知り尽くして初めて、
引くことの意味も見えてくるのではないだろうか。
ー本文より。


あと考えるならば
日本人らしい、美意識か?

今年こそ、私のスタイルを探してみよう。
| Rie | 12:25 | comments(2) | trackbacks(1) |
光野桃さんに惹かれた理由。 ースランプ・サーフィン
スランプ・サーフィン

最近なぜか光野桃さんにひかれます。
イタリアに住んではったからかなーと漠然と思っていたら
この本の”ヒーリング旅行”のところで次の文章に遭遇。

ーナイロビ・シティ(ケニア)

ナイロビは不思議な場所だった。
空港に降り立ったときから、空気感が違うのを感じた。
駐車場に立ってあたりを見回した。
美しい物があるわけではない。雑然とした無味乾燥な空港なのに、
なぜか気がしゃんとしている、澄んでいる。生き生きとしているのだ。

ナイロビは、私が実際に気というものを肌で感じた、初めての土地だった。

この土地を行き交う男も女も、これほどエレガンスな人たちがいるだろうか、と
思わないではいられない。
サファリに住む、赤の布をまとったマサイ族も美しいが
漆黒の肌に紫や赤のシャツを着たビジネスマンや腰高な女たちは
洗練と大地のエネルギーが共存していて、いつまで見ていても見飽きることがなかった。
 この土地に住んでみたいー移住を真剣に考え始めている自分に気づいて
おかしくなった。ナイロビの地の精霊たちに魔法をかけられたのかもしれない。ー


一瞬、背筋をぞくぞくとしたものが走った。
これだ、これ! ナイロビでの私の気持ちとそっくり!
感じ方が同じ。
光野さん、ついていきますー!と真剣に思った。 (笑)


この本は今「守り」に入っている私にはじーんとくる本。
子どもを産み、いろいろな意味でせおっているものも増え、
結構がちがちにかたまりつつある30代。
「30代が終わると不思議なことに「守り」から少しずつ
解きはなたれていった」・・・という文章にも
ちょっと楽になる。
「スランプの波は絶え間なくやってくる」
「けれど人は一人ではない。
元気になるためのたくさんの方法、無言のうちの優しいまなざし、
それらに触れるたびに、自分一人であがくことが、いかに傲慢だったかを
思い知らされた。スランプは人の心を知り、痛みを分かち合うことの意味を
知る貴重な時間でもあったのだ。
どんなスランプも無駄なことはひとつもないーそれが伝えられたら、と思う」
ー本文より抜粋。


さあ、今年もがんばろう、とやる気になった本。
| Rie | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
The Christmas Stockings
The Christmas Stockings
ちょっとしたしかけのある絵本。
英語ですが、簡単なものなので私でも全然大丈夫です。
、というか英語なので
大人も純粋に絵本として楽しめるかも。


最後にサンタクロースに
靴下いっぱいプレゼントをもらいますが
ふんわりとした絵がすごく安心感を抱かせるというか
夢の中でのお話しのようで楽しくなります。


→3歳9ヶ月の娘にはしかけも適当で
わくわく感を抱けてぴったりでした。
何度も絵本を見返しては
「ここにミッキーの絵が貼ってある!」とか
「このドアから〜が見える!」とか
いろいろな発見を楽しんでいるよう。
| Rie | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
5分のテレビ時間。
ペネロペゆきあそびをする ペネロペしかけえほん
一時期”おかあさんといっしょ”を欠かさずみせていたことがありますが
(シュタイナー的にはここで脱落ですね)
最近は娘も興味ないらしい。

で、最近はまっているのがペネロペちゃん
この1年くらい娘の大好きな”メイシー”とどこか似てるような気もしますが
生活に密着したお話しがやっぱり好きなのかなと思います。
でも細かいところを見ていると
本当に大人でもおもしろかったりしまーす。
今日の話なんてクッキーを作って食べたんだけれど
クッキーを食べる時なんてテーブルクロス掛けて
こどもながらしっかり”お茶の時間”になってる!

こどもって「ちょっとパーティーしましょ」なんていうのが
すごく好きだったりするので
そういうところは日々大切にしようと改めて思った5分。


| Rie | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
心境の変化なんでしょうかね?
有元葉子イタリア日和―私のイタリアン 四季が育む日々の味
有元さんの本。
この本を見て「有元さんのライフスタイルは好きだけれど
作ってみたくなる料理は井上絵美さんだなー」と再認識。
イタリアに行ったことがないのでわからないんだけれど
イタリアの素材の楽しみかたってこんなのだろうなあ、楽しそうかも。
でもこの本、庶民チックじゃなさすぎる気が。
二輪草両手いっぱい、とか山採りきのこのチーズトーストとか
白インゲン豆とからすみのオリーブオイルかけとか。
うちにあるものでパパッととはいきませぬ。
やってみようと思ったのは手打ちパスタくらい?
いやでも、四季折々の写真はすごく素敵でした。それを眺めるだけでも
価値あると思います。


井上絵美さんのこの本は最高にやる気でます。
カルボナーラなんて絶妙なレシピ!
料理センスを磨くおいしい決め技
| Rie | 16:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
今を生きる、ことを見失ったとき、また読もうと思う本。
ニライカナイの日々
 ニライカナイの日々、本文より抜粋。
・あるおばあがいった言葉。「心を込めれば育つんだよ」そう、これが一番。
 知識などは二の次です。
・(野菜などを)何種類も一緒に育てるのは
 それが自然の生態系のバランスに近いからです。
 自然界では一種類の植物だけが育っているということはありません。
 いろんな種類の植物を育てれば、それだけいろんな種類の虫たちが
 集まってくるので何かひとつの害虫だけが大発生するという
 可能性が低いのです。 
 人間も同じ。不自然なことに対する弊害は大きいものです。
・海や山に入って必要なものを採ってくることが出来る人を
 とてもかっこいいと思います。
 あるおばあに言われたことです。「海や山に行って食べるものがわからなかったら
 損だよ」 このときほど「損」という言葉に力があったことは
 後にも先にもありません。
・買い物にも気を遣う。
 たとえば自分の国でつくられたものなのか、遠い国からきたものなのか。
 作った人はどんな状況にあるのか。
 そういうことに対して何のイメージもなしに
 どんどん消費していくのは危険なことだと思います。
・アフリカで。
 小さなこどもがもう赤ちゃんをおんぶしています。
 それだけでも感心してしまうのに
 さらにおんぶしながらなんと火をおこし、ナイフを使い
 食事までつくってしまうのでした。
 そして私に差し出されたものは、この上なくおいしく、
 同時に私は自分の無力さを味わいました。
 生きる術を、生きるための知恵を
 持たない自分に愕然としました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森岡さんの暮らしぶりをテレビで見てから
読んだ本だったので、
ご本人の撮られた写真を交えての本といっても
沖縄の風景とかうつってるんだろう、という程度に
思っていた。
でも想像とは違い、すごく鮮やかな力のある写真にみとれてしまう。
そしてアフリカの旅の話。
アフリカの子はすごいなあ、と感じた点が一緒だった。

今、私は一見便利そうな暮らしをしているけれど、
それは実はすごく危なげなところにいるということを日々忘れている。
電気がつかなければ、どうやって暮らしていけるか?
機械など文明の利器をつかいこなしているようで
実は機械のほうに「つかわれている」のかもしれない。

人間は動物だ、と思う。
頭で考えて頭で動いて頭にいろいろつめこんだところで、
それは本当にすごく不自然なもの。
いろいろな勘(感)、とか
忘れすぎている自分の原点になる本をみつけた、と思った。
| Rie | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>




Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored

Mobile

qrcode